即日カードローン比較おすすめランキング2017最新版
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法
今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

即日カードローンなら最短1時間!

今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

最短1時間で借りるためには、平日14時までに申し込みを完了する必要があります。申込みが完了できれば即日キャッシングすることが出来ます。

15時以降や土日の場合は、審査通過後に無人契約機で専用カードを22時まで発行すれば銀行やコンビニのATMでお金を引き出すことが可能です。

もし初めてお金を借りるのであれば、最大30日間金利がゼロで借りれるサービスを行っているプロミスがオススメです!このサービスの詳細や、各店舗の営業時間については公式ホームページから確認しましょう。

プロミス

Web契約なら最短1時間で融資可能

プロミス

プロミスの特徴まとめ

  • 特徴1
  • 初回に限り30日間無利息で借入可能*1
  • 特徴2
  • 最短1時間でキャッシング可能
  • 特徴3
  • 三井住友フィナンシャルグループ
審査時間 融資までの目安 実質年率 利用限度額
最短30分 最短1時間 4.5%~17.8% 1~500万円
公式サイトで詳細を見る

↑たった3項目入力するだけの3秒診断が人気!女性はプロミスレディースがオススメ

*1 30日間無利息サービスのご利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

カードローンとは

カードローンとはお金を借りる事が出来るサービスの一つです

自動車ローンや国の教育ローン(学生ローン)、リフォームローンのような使用用途が制限されている多目的ローンとは異なり、借りた際の金利が少し高くなっている傾向がありますが、使用用途はほとんど制限がなく自由に使用する事が出来る(フリーローン)という点が大きな魅力です。

お金を借りる時には無条件で貸し出してくれるわけでは無く、審査が行われますが無担保でお金を借りる事が出来て比較的お金を借りやすいようになっています。例えば不動産担保ローンのように自宅や土地を失うということはありません。

審査対象は二十歳を過ぎてアルバイトをしている学生やパートの主婦も対象となっている場合が多く、働いて定期的な収入さえあればだれでもお金を借りる事が出来る可能性があります。

ただし、お金を借りる際には総量規制で年収の三分の一までしか借りる事が出来ないという点は気を付ける必要があります。総量規制でお金を借りる事が出来ない場合は、対象外となる銀行系カードローンでなければお金を借りる事が出来ないです。

お金を返す時には借入残高や借入日数、金利に応じて返す必要があって何時でも好きなタイミングで返す事が出来ますが、最低返済額や期日が指定されるために何時でもお金を返すできるといっても完全に自由に返してよい訳では無くて指定された返済については従う必要があります。

前はサラ金や町金など高い金利や過度な取り立てが問題になった時期もありましたが、昨今は貸金業法等の改正により悪質な取り立ては禁止されており、誰でも安心して利用出来るようになりました。

即日カードローンを実際に使ってみた人たち

返済方法も選べる便利なカードローン

返済方法も選べる便利なカードローン

旅行費用を捻出するために、初めてカードローンに申し込みました。審査に通るのか少し不安を感じていたのですが、その日のうちに承認されてホッとしました。カードローン限度額と利率も希望通りのコースで始めることができて、念願の旅行を満喫することができて満足しています。

カードローンの返済方法も豊富で、忙しい時でも最寄りのコンビニエンスストアで返済できるため、非常に便利だと実感しました。お金に余裕があるときは増額返済に切り替えることも可能ですので、自分にとっては大変使いやすいサービスです。

これからも、万が一の出費に備えて上手にカードローンを利用していけたらと考えています。レディースキャッシングやインターネットで24時間いつでも申し込める点も魅力的でした。

給料日前はいつもカードローンのお世話になってる

給料日前はいつもカードローンのお世話になってる

給料日までの数日がどうしてもやり過ごすことができずに、誰かからお金を借りたいと思ったのですが、借りられそうな相手がいませんでした。それほど大きなお金を借りるつもりではありませんでしたが、それだけにそんな金額もないのかと思われるのも恥ずかしく悩んでいました。

そこで少額ということもあってカードローンを利用してみることにしたのですが、試してみると思った以上にすぐにお金を借りることができて便利でした。こんなにも簡単なのかと驚く一方で簡単に借りることができすぎて、計画的に利用をすれば問題ないと思いました。

しかし油断はせずに給料が入ったらすぐに返済をしてカードローンがあるから大丈夫と思わないようにすることにしました。

カードローンを利用して家賃を払いました

カードローンを利用して家賃を払いました

どうしても今日中に家賃を払わないと、アパートを出て行かないといけませんでした。周りにはお金を貸してくれる人はいなかったので、金融会社が扱うカードローンを利用して家賃を借りることにしました。

どこのカードローンに申込むか迷いましたが、審査が早く、即日融資に対応している 消費者金融のカードローンに申込むことにしました。申し込みはパソコンからおこないましたが、すぐに審査回答がでたので驚きました。

無事に審査に通り、カードは自動契約機から発行してもらったので、すぐにATMからキャッシング即日で借りることができました。おかげで家賃を払うことができたので、本当にカードローンを利用して良かったです。

人気ランキングはこちら

プロミス

Web契約なら最短1時間で融資可能

プロミス

プロミスの特徴まとめ

  • 特徴1
  • 初回に限り30日間無利息で借入可能*1
  • 特徴2
  • 最短1時間でキャッシング可能
  • 特徴3
  • 三井住友フィナンシャルグループ
審査時間 融資までの目安 実質年率 利用限度額
最短30分 最短1時間 4.5%~17.8% 1~500万円
公式サイトで詳細を見る

↑たった3項目入力するだけの3秒診断が人気!女性はプロミスレディースがオススメ

*1 30日間無利息サービスのご利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
 

アイフル

お申込みから最短30分で審査完了

アイフル

アイフルのまとめ

  • 特徴1
  • はじめてなら30日間無利息
  • 特徴2
  • 収入証明書が原則不要
  • 特徴3
  • スマホで手続き完了
審査時間 融資までの目安 実質年率 利用限度額
最短30分 最短1時間 4.5%~18.0% 500万円
公式サイトで詳細を見る

↑はじめての方なら最大30日間、利息が0円!

 

モビット

たった10秒で簡易審査結果を表示!

モビット

モビットのまとめ

  • 特徴1
  • 誰にもバレずに借入可能
  • 特徴2
  • WEB完結/電話連絡、郵便物なし
  • 特徴3
  • 借入まで一切誰とも顔合わせなし
審査時間 融資までの目安 実質年率 利用限度額
最短30分 最短即日 3.0%~18.0% 800万円
公式サイトで詳細を見る

↑たった10秒で簡易審査が可能!

カードローンの審査について

お金が必要になったとき、消費者金融や銀行借り入れなどのカードローンを利用する人は多いでしょう。どこの貸金業者を利用するにしても、審査に通らなければお金を借りることはできません。一般的に消費者金融で借入れできる条件には、20歳以上69歳までの安定した収入のある人となっています。これは、貸したお金が返済できる収入が毎月ある人に限定して貸す、ということです。

カードローンの審査では、申込時の入力する個人情報をもとに、貸しても大丈夫な相手なのかを確認します。
また、今までに利用したカードローンの借金を延滞することなく、きっちり返済していたかどうかも審査で調べられます。

カードローンを初めて利用する人は、同じ職場で3カ月以上働いていて、安定収入があることが重要になります。これをクリアしていれば、10万円程度の借入であれば、審査に通る可能性は十分にあります。カードローンの審査は、貸したお金が必ず期限までに金利を付けて返済してくれる相手であるかどうかを調べるだけです。貸してもいい相手か、いくらの金額なら貸すことができるかを審査で判断します。

この判断材料が、申し込み時に記入した個人情報と信用情報機関の個人信用情報です。記入した個人情報に偽りがないかを確認するために、金融業者から勤め先に在籍確認の電話が入ります。

借入れ限度額が50万円以下であれば、運転免許証などの本人確認書だけの提出で、給料明細書などの収入証明書は不要となっているため、現在働いている確証が取れず、在籍確認が必要になるのです。
在籍確認の電話が困る人は、直近の年収を明書する書類などの提出で代用出来るかどうかを消費者金融に相談するといいでしょう。

在籍確認の電話とは

カードローン会社にカード申し込み手続きを行うと、自動的に審査を受けることになります。なぜ審査があるのかというと、ローン会社としては貸し倒れのリスクを避けるため、経済力と信用力のある人にしか融資しないようにするためです。ですから経済力が弱かったり信用できそうもない人などは、審査には通さないのです。

審査においては在籍確認という重要な作業があります。それは、ローン申請した人が本当に申告した通りに会社に勤務しているかどうかを調べる作業のことです。

在籍確認の電話はローン会社の社名を名乗ったりはしません。殆どの場合、ローン会社の担当者が個人名を名乗って電話を掛けてきます。ですから基本的に言って、カードローンの利用が勤務先の会社に知られてしまうような心配は無用なのです。もし本人が席を外していても「〇〇は席を外しております」と返答するだけで在籍の確認が取れたことになります。電話がいずれにしても在籍確認の電話は、確認さえ取れればすぐに無事に終わるものです。

また在籍確認の作業というものは、多くの場合、審査の総仕上げのような意味合いが含まれています。つまり審査に通るかどうかの最終関門のような作業なのです。ですから勤務先に在籍を確認するための電話が掛かってきたということは、もう少しで無事に審査に通るということなのです。

ちなみにカードローンの申し込みにおいては、絶対に虚偽申告などしてはいけません。もしも勤務先の会社に限らず何か虚偽申告があると、審査には大きく不利になってしまうので注意しましょう。

カードローンの金利はどうやって計算するの?

カードローンを利用してお金を借りると利息が発生しますが、その利息については自動的に計算して返済額を求めてくれるので自分自身で計算方法を知らなくても指定された返済額を最低限返済していれば問題はないです。

ただ、自分が利息をどの程度払っているのかをきちんと意識をするためには利息を計算する方法を理解しておくことは大切な事です。そのためにここではカードローンの金利から利息を計算する方法について説明をします。

まず、お金を借りる際には金利が指定されますが、金利というのは一年間借りた場合に発生する利息の割合の事を意味しています。つまり、100万円借りて10%となっていた場合は1年借りていると10万円の利息が追加されるという事になります。

実際にカードローンを利用すると返済は日数単位で計算を行う必要があるので、日数単位での利息にするためにも1年は365日なので365で割って計算をします。後は借りてから返済日までの借入に数を乗算する事で借りた日数分の利息を求める事が出来ます

二ヶ月目以降の返済がある場合は、最初の借入額では無くて残高に対して発生する事、前回の返済の翌日からの借入日数となる事、の二つの点に気を付ければ後は最初の計算と同じようにして求められます。
ローン計算を理解した上で、利息を少しでも抑えたいのであれば金利が低い所で借りる以外にも出来るだけ早めに返済する事と残高を出来る限り減らす事でも利息を減らす事は可能なのです。

カードローンの返済はどうしたらいいの?

カードローンでお金を借りたら当然ながら返済する必要があるため、借り入れた翌月から所定の金額を用意しておく必要があります。あらかじめ決められた約定日に従って、銀行口座にお金を入れておくというのが一般的ですが、その前から提携ATMを利用して入金してしまうことも可能です。

銀行口座は申込時に記入した所定の銀行となるので、契約書にかかれた約定日までにお金を入れておけば自動的に引き落としがされます。これを約定返済と呼びますが、約定日は金融機関が決定するものと自分で決められるものがあります。

カードローン返済日は自分で決定できる場合は給料日から数日後に設定しておくと、いざというときにお金がなくて困ったという状況を作らずに済みます。これに対して提携ATMからの支払いは随時返済と呼ばれるもので、提携するコンビニATMか、銀行のATMを利用して入金していきます。

約定日までに入金すれば済むのですが、所定の金額以上のお金を振り込むことで繰上返済として扱われ、元金を減らすことで利息を少なくするという方法が利用できます。例えば毎月の返済額が3,000円だったとしたら、提携ATMを利用して毎月6,000円ずつ入金していけば返済期間のおよそ半分で済むことになり、利息もその分だけ減るということになるのです。

注意するべきは完済間近になると利息などの関係から端数が発生してしまうという点で、これを銀行口座による自動引き落としであれば問題なく行えますが、提携ATMからでは硬貨を返済できるところを探さなければいけません。多めに払っておつりを銀行振込にしてくれる会社もありますので確認しておきましょう。

銀行カードローンと消費者金融の違い

銀行カードローンと消費者金融には、さまざまな違いがあります。そのなかでも一番違いを感じるのは、利息に繋がる金利です。三井住友銀行や、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行などで取り扱われている銀行カードローンは消費者金融に比べると金利が低く、利息も少ないです。なので、同じ金額を同じ期間だけ借りても、消費者金融より銀行カードローンの方が負担は少ないです。

しかし、銀行カードローンは消費者金融に比べて、審査基準が厳しいです。大企業に勤めているか、公務員など安定した収入がある方が借りれると言われております。銀行カードローンは一定の収入があっても、審査に通るとは限らず、個人事業主や自営業や、フリーランスはもちろん、派遣社員やアルバイトですら無理と言われています。

また、正社員として働いている人でも、勤め先の規模が小さいと落ちることはあります。大企業の正社員や公務員でないと確実に審査に通らないといわれるほど、厳しい審査基準を設けているわけです。逆に考えてみると、それほど厳しい審査基準をクリアしたからこそ、低い金利で貸し出していると言えるでしょう。

銀行カードローンは消費者金融に比べると金利が低いので選びがちですが、借りるための審査基準は消費者金融と違い非常に厳しいので、限られた人しか利用できませんので気を付けましょう。

信販のカードローンとは

信販とは信用販売の略でクレジットと同じように後払いという意味に近いです。信用販売にはクレジットカードを使用した商品の購入だけではなく、二ヶ月以上の後払いで購入する個別あっせん、割賦販売(分割払い)などの方法があります。ちなみにノンバンクとは銀行以外の賃金業規制法に基づく会社で、信販もこのノンバンクに入ります。

例を挙げるとセゾンやオリックス・クレジット、オリコなどが信販系カードローンです。クレジットカードのキャッシング機能も信販系の一部と言っていいでしょう。ちなみにクレジットカードのキャッシングとは、登録している引落し口座に残高かなくても、お金を用意できることです。

信販系カードローンは銀行や消費者金融と比べると選択するする人はやや少なく、信販会社によって限度額や金利が大きく変わってきます。ちなみに信販系カードローンは消費者金融と同じく、総量規制の影響を受けますので年収に3分の1までしか借りることができません。

一般的に審査の厳しい順は、銀行>信販会社>消費者金融と言われています。
もちろん借りる額によっても審査の厳しさは変わりますが、少なくても銀行よりは借りやすいでしょう。

信販会社は一見分かりづらいですが、お金に関するなんでも屋さんです。クレジットカードだけの事業と思いがちですが、キャッシングや住宅ローンやマイカーローンまで扱っています。お金に困った時の選択肢のひとつとして視野に入れておくと良いかもしれません。

借り換えの場合のカードローン

複数の会社にカードキャッシングをしていた場合、1社にまとめる(銀行おまとめローン)などの借り換えローンを行えば、返済がスムーズになるだけではなく、年率の面でもメリットがある場合があります。
その際、1社のカードローンの利用限度額を広げることによって、カードローン借り換えが可能になるケースがありますので、現在キャッシング審査をしている会社に問い合わせて、利用限度額が変更できるかどうか確認してみましょう。

例えば、みずほカードローン・りそなカードローン・三菱カードローンの現在3つの会社から10万円ずつ合計30万円借り入れをしているとして、1社の限度額が30万円まで広がれば、残りの2社を返し終わって1社に借り換えすることができるわけです。そうすれば、毎月の返済も1社だけで済みますから手間がかかりません。

この時、頭に入れておくと良い点としては、3社の内で一番利率が低い所にローン借り換えをするということです。つまり、カードローン金利比較などで調べられますね。利率が低ければ、今後も繰り返しカードローンを利用する際に利息の面でメリットがありますから、より利用しやすくなります。

また、借り換えカードローンの時に利用限度額を変更する際には、少し余裕を持って限度額を設定できればそれに越したことはありません。つまり、利用限度額が30万円ではなく、50万円まで広げられる場合は、50万円の方が必要な時に利用するのに便利ですからおすすめです。
このようにカードローンの1本化を行うことによって、これまで以上にキャッシングの利用がしやすくなりますし、トータルの利率も抑えられますのでメリットがあります。

銀行系カードローンについて

銀行カードローン審査甘い?いえいえ、銀行のカードローンは消費者金融よりかなり厳しいです。公務員、中小企業で勤務年数が少なくても1年以上ある方でないと、銀行融資審査は通りづらいでしょう。もし申し込む場合は1社だけにするのがコツです。複数の金融機関からの借入があると、返済能力が低下すると判断されてしまうので審査に大きく影響が出てしまいます。

銀行ローンは消費者金融がよくわからない人が銀行で探すので、検索エンジンを使い『銀行カードローン比較』や『銀行カードローン即日』、『銀行カードローンおすすめ』などを入力していると考えられます。もしくは銀行の名前をそのまま、『三井住友銀行カードローン』や『三菱東京UFJ銀行カードローン』、『りそな銀行カードローン』等で調べる人も予想できますよね。他にもイオンカードローン、ちばぎんカードローン、JAカードローン、スルガカードローンなどもあります。

例えば三井住友カードローンや、三菱東京UFJカードローンに申し込みたい場合、銀行ローン審査に自信がある方は前述したような検索の仕方で良いでしょう。しかし少しでも自信がない方は無駄足を防ぐためにも、はじめから消費者金融に申し込む方が効率的と言えるでしょう。銀行は消費者金融と比べて低金利のため、飛び付きがちですが、無利息サービスなどを踏まえどちらがあなたに合っているかを見極めるのが大事です。

住宅ローン・ノンリコースローン・賃貸について

一生のうち一番高い買い物、マイホームは、ほとんどの方が住宅ローンを組みます。アパート経営をされたい方はノンリコースローン(ビジネスローン)を組む場合もあるでしょう。例えば日本住宅ローン、優良住宅ローン、セカンドハウスローン、共同住宅ローン、イーローンなどの不動産ローンは聞いたことがあるかもしれませんが、長期固定金利のフラット35が有名ですね。これらの金利は低くても十分に利益があるため、他のカードローン低金利と比べて、かなりの低い金利で契約ができます。ちなみにオートローン(自動車のローン)もこれに似ています。

そして金利が低い理由はもうひとつあります。目的ローンと呼ばれるローンは、もし滞納が続いた場合にあなたの住宅や車を差し押さえられる場合があります。これらの高額商品は審査にかなり日数がかかり、場合によっては一ヶ月程度の審査期間がかかる場合もあります。お金を融資する側はこういった条件で契約をするため貸し倒れのリスクを回避しています。

もう一点忘れてはいけないのは住宅ローン控除です。所得税の還付を受けられたり、来年度の住民税が減額される制度です。注意すべき点は住宅制度の制度変更によって以前とかなり内容が変わっていることです。むかしの人に聞いても、おそらく古い情報の可能性が高いので自分で調べるか、最近マイホームを買った詳しい友人などに最新の情報を聞くのがベストでしょう。

ところで、賃貸の家賃払い、引っ越しでカードローンを利用される人も少なくないですが、審査通過するためにも居住年数が重要です。引っ越しする前の住居で申請しましょう。また悪質な引っ越し業者に引っかからないためにも国土交通省のページ内「標準引越運送約款」の内容を見ておくのもいいかもしれません。

クレジットカードの枠とは?

最近はクレジットカードランキングなどで盛り上がっているように年々カード会社のサービスがよくなってきています。これを読まれているあたなも「クレジットカード比較」や「クレジットカード審査」などで調べたことはないでしょうか?若い層を中心にネットショッピングでクレジットカード決済をしている方も増えてきました。例えば三井住友カード、楽天カード、アメックスなどどれか持ってる方も多いでしょう。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。キャッシングはショッピング枠の中でキャッシング枠があり、買い物をいっぱいした月は自動的にキャッシング枠が少なくなります。クレジットキャッシングを利用するときは注意が必要で、その場合は借入になります。

また手数料の仕組みは必ず覚えておきましょう。ショッピングの場合は1回払い or 2回払いにすれば手数料はかかりません。分割払いまたはリボ払いを利用した場合は手数料が発生します。クレジットカード金利は基本的に銀行のカードローンより金利が高いので、分割払いで使うのは確実に損をしています。借りるのであれば消費者金融の無利息カードローンをまずは優先して検討しましょう。

クレジットカードとキャッシングの違いは少し分かりづらいですが、意味さえ理解すれば今後損をすることがないので覚えておきましょう。クレジットカードは1回払い以外は出来る限り使わないという覚え方も良いですね。

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い

銀行口座を開設した時にもらうカードはキャッシングカードですよね。自分の預金口座からの引き落としは当然借金ではありません。混乱しがちですが、金貸しの世界ではキャッシングはお金を借りることを指します。ATMから現金を引き出すというところは、預金口座からの引き落としと似ています。

もちろんキャッシング審査を事前に受けていないと、両方のキャッシングは使えませんが、カードがあればいつでも現金を借りることができるのはどちらも同じです。ではお金を借りる方法としてどちらを使った方がいいのでしょうか。

まず、大きな違いは返済方法と金利です。キャッシングは残高スライドリボルビング払いや、翌月一括払いで金利は高め。カードローンは残高スライドリボルビング払いや、分割払いで金利はキャッシングと比べると低いことが多いです。一般的にはカードローンを利用した方が金利負担が減りますが、よく調べてから選択する方が損がないでしょう。

ちなみにクレジットカードのキャッシング機能は絶対ではないので、使いたくないという場合には、後から解除することもできます。またクレジットカードの限度額ですが、分割払いにしても限度額を超えるものに関しては、買うことができませんので注意しましょう。

最短1時間融資

プロミス

プロミス

初めてなら30日間無利息*

* メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。

最短30分で審査完了

アイフル

アイフル

初めてなら最大30日間利息が0円

 

記事一覧

Top